roadbike

【日本語版 Garmin Edge530/580】「エッジ530」「エッジ830」発表【発売日 価格 情報】

更新日:

Garmin Edge 530/830 が海外で発表されてから日本語版も当然発売されると考えられていましたが遂にガーミン 「エッジ530」「エッジ830」発表されました。

名称は ガーミン「Edge 530J」「Edge 830J」と思いきや「エッジ530」「エッジ830」

「Edge 520」「Edge 820」も日本仕様は「J」がついていたので今回も名称は「Edge 530J」「Edge 830J」と思いきや「エッジ530」「エッジ830」とカタカナ表記です。

いいんじゃないでしょうか。なんだかカタカナもカッコイイし。

スペック

スペックは基本的には海外仕様と同等です。詳しくは以下のページでライバルの「Wahoo Roam」と比較して解説しています。

比較
遂に販売開始!Garmin Edge 530/830 vs Wahoo ELEMNT ROAM 新型徹底比較【2019 最新サイコン】

Garmin新型 530/830 vs ライバル Wahoo 新機種 Roam 間違いのないサイコンといえば「Garmin Edge」(ガーミン エッジ)その新製品「Edge 530 / 830 」が ...

続きを見る

エッジ 530 / 830 各モデルの新機能を紹介しておきます。ざっくり言うと

・画面が2.3インチから2.6インチになって見やすく
・CPUがパワーアップしてサクサク
・バッテリー長持ち
・最新マップでナビゲーション機能もパワーアップ
・ClimbPro機能でヒルクライム情報を表示

共通機能

  • 新機能「Climb Pro」を搭載
  • 駆動時間は20時間 (バッテリーセーブモード時40時間)
  • 2.6インチカラー246 x 322 (旧200 x 265 )
  • マイコンがパワーUPし動作が軽快に
  • Garmin Cycle Map搭載、リルート機能
  • 盗難防止アラーム機能
  • グループ間メッセージ送受信機能

Edge 530

  • サイズ 50 x 82 x 20 mm
  • 重量 75.8g
  • ボタンによる操作

Edge 830

  • サイズ 49 x 73 x 21mm
  • 重量 79.1g
  • タッチパネルによる操作 (グローブをはめたまま操作可)

日本仕様の大きな違いは日本語表示と地図

UIが日本語表記

ぱっとみて大きな違いは日本語表記です。まあ、英語版でも簡単な英語ですから分からなくもないですがぱっと見て一瞬で理解できるのは日本人なら日本語ですよね。あと日本語表記だとなんだか安心?します。

画面解像度も上がって漢字もより見やすくなったのではないでしょうか。確かに見比べてみると分かりやすいですよね。頭にすっと入ってくるというか。。やはり日本人なら日本語です。

地図

昭文社の詳細道路地図「CityNavigator」を搭載しています。日本製の地図なので当然日本の道路に強いのはいうもでもありません。

しかも収録路線は総延長13,856kmと前身機に比べ増加しています。

発売日 価格

気になる発売日ですが「2019年夏」と発表されています。予想ですが海外版が6月発売ですから7月もしくは8月でしょうか。

価格は海外版が

Edge 530が$299.99で日本円で
33000円(110円換算)

Edge 830が£399.99で日本円で
44000円(110円換算)

520/820と同様の価格ですね。
こう考えると日本仕様の530J/830Jは現行と同じ価格(36000円/49000円)あたりではないでしょうか。

まとめ

やはり日本仕様「Edge 530」「Edge 830」出てきましたね。もう早く欲しいので海外版を買おうと思っていましたが日本仕様も思ったより早く発売されそうですね。

実際に日本仕様の画像を見てみるとやはり日本語は見やすいし安心感があります。地図も日本製ですから精度も高いのではないでしょうか。あとはやはり保証付きですね。

海外版にするか日本語版か悩ましいです。しばらく悩ませていただきます。

あと、忘れちゃいけないのがライバルの新製品 Wahoo Roam こちらは元々日本語対応です。評判もかなり良くエッジシリーズと悩みますよね。

-roadbike

Copyright© 俺Magazine , 2019 All Rights Reserved.