ニトリでお手頃で最高の寝心地、暖かさを得られる寝具を厳選してみました。

スポンサーリンク

安らかな眠りの為、寝具に目覚めてから試行錯誤し
ニトリでお手頃で最高の寝心地、暖かさを得られる寝具を厳選したので報告します。

スポンサーリンク

ニトリで

下調べを入念に行いニトリへ向かい店内で迷うこと6時間。実物に触れてみたり寝てみたり。
そして私が思うお手頃で最高の寝心地、暖かさを得られる寝具をチョイス!

掛け布団

掛け布団層:
ニトリのお手頃ダウン、1円万程度で285ダウンパワーcm3/g(以降DPと略す)とDPあたりのCPが良いです。
これ以上のDPだと価格が跳ね上がりそれ以下だと真冬に対応できないです。
これに吸湿発熱掛ふとんを合わせて掛け布団カバーに入れて使用します。これによりダウンと吸湿発熱掛ふとんの間の空気層により保温効果が増し、吸湿発熱掛ふとんの重量により体への密着度が上がる事で400程度のDPを実現しています。
布団かけカバーは素材に三菱ケミカルのPitica CSを使用。この素材は熱伝導率が低く寒い環境で触れても暖かく寝具内の熱を持続できます。さらに素材の表面摩擦力が高い事で体にまとわり付き易く朝に掛け布団が何処かにいっているということがありません。

敷布団

敷布団層:
1500の点で支える体圧分散で沈み込みを抑え腰にやさしい態勢を保ちます。最初は凸凹に違和感があるがすぐ慣れてきます。
この上に敷きパッドを敷きます。Nウォームの保温効果はかなり高く静電気も防止されるので快適。Nウォームスーパー、Nウォームモイスチャーがあるがそれほど体感できなさそうなのでCPを考えてNウォームを選択しました。
マットレスは以前から使用していたモノを使用しています。本当はマットレスも新たに購入したかったのですが持って帰るのが大変なのと今使用しているマットレスの処分が大変そうなので今回はあきらめました。今後、調査してニトリで購入したいと思っています。

実際に寝てみて

今は1月で明け方は最低気温が零下になる日もあるのですがまったくもって寒くありませんし
布団かけカバーがとても良い触り心地で布団に入るとすぐに眠りに落ちてしまします。あと、毛布が必要なく寝てる間に毛布がどこかにいってしまい明け方寒い思いをしなくなるのが良いですね。
最高です。

 

その他
スポンサーリンク
スポンサーリンク
freqをフォローする
スポンサーリンク
俺Magazine