SSL SiX 究極の卓上ミキサー G-SERIES BUS COMP搭載で1402 VLZ4より小さくて軽い!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

あのSolid State Logic社より小型ディスクトップミキサーが発売

まさかのSSLから卓上小型ミキサー「SSL SiX」が発売されます。日本では4上旬より販売開始です。
驚きですね。SSLというと、どデカい高価なスタジオ用のコンソール、SLシリーズを思い浮かべますがそのSSLからこんなコンパクトなミキサーが登場です。

正直欲しいです。SSLのコンソールシミュレータはWaves、UAD、Softube、そして本家・・と世の中に数多く存在しておりどれもクオリティーも高いと感じられるものの使っていると何かモヤモヤするのです。

本物を使ったことがないので似てる!とも言えないですしメーカによっても結構音も違うのでなんかこう、腑に落ちないんですね。

しかし!「SSL SiX」は本物のSSL!これ以上ないです。これならモヤモヤも解消されすっきりした心で制作にも没頭できますね。

そしてG-SERIES BUS COMPです。このコンプ単体だけでも数十万です。 レシオ、アタックタイム、リリースタイムは固定ですがSSLが煮詰めた設定でオールマイティーに使えるとの事。
BUS COMP部の回路設計はオリジナル同等ですが使用しているICより現代的なものに変わっています。

【2019/5/2更新】
先日、ライブでこのSSL Sixを使用されている方がいて実物を見たのですが写真で見るよりずっとコンパクトな感じがしました。ライブにも余裕で持っていける大きさですね。
音を大音量で聞きましたが本当に素晴らしい。G-SERIES BUS COMPのおかげか「あの」まとまり感が感じられました。本物ですね。やはり。

価格は¥184,000(税抜)

SSLというと高価で個人ではなかなか買うことができないお値段のイメージですが価格は¥184,000(税抜)と個人でもちょい頑張れば買えますよね。というか安すぎないですか?ちょっと不安になりますが。。

以前にもSSLは小型のサミングミキサー「Solid State Logic/X-Desk」を出していますがこちらはお値段50万円近くとなかなか個人では手が出るような価格ではありませんでした。

サウンドハウスで発売中!レビューを抜粋してみましたが欲しくなりますね!

「通すだけ」で美味しいプロセッサーも結構所有していますが、クリアさを保ったまま音の上質な落ち着きと輪郭をEQ、コンプも加え実現してくれます。
どんなに小さくても、卓はSSL…そう語れる信頼感と優越感は、格別。
同規模の他社製品との比較では、単純に通した音だけで、別格の違いを見せてくれます。

【サウンドハウス】SOLID STATE LOGIC ( ソリッドステートロジック ) / SiX

MACKIE 1402 VLZ4より小さくて軽い!

驚きなのがそのサイズと重量。定番の小型卓上ミキサーMACKIE 1404 VLZ4より高さはありますが奥行、幅ともSSL Sixのほうがコンパクトです。そしてなんと重量はSSL SiXが1Kgも軽い

MACKIEのもう一回り小型の ミキサー1204 VLZ4と大体同じ大きさではないでしょうか。

ここまでコンパクトだとライブにも持ち出したしたくなるでしょう、私はそうします。
SSLを電車で持ち運びます。

SSL SiX
奥行310 mm
高さ120 mm
218 mm
本体重量3.5 kg
消費電力38W
MACKIE 1402 VLZ4
奥行317 mm
高さ81 mm
356 mm
本体重量4.5kg
消費電力25W

12インプット、SuperAnalogue、G-SERIES BUS COMP、100mmストロークフェーダー

・2系統モノチャンネルと2系統ステレオチャンネル+2系統の外部ステレオ入力+2ALTで12インプット

・2系統モノチャンネルにはSSL 9000シリーズと同等のSuperAnalogue マイクプリアンプ

・G-SERIES BUS COMP (レシオ、アタックタイム、リリースタイムは固定)

・DIM、CUTの機能を装備した、メインとオルタネイトの2系統のモニター出力

・+10db~-10DBまでの間隔が広く微調整がしやすい100mmストロークのフェーダー

注目のシンセサイザー・機材 記事

【ELEKTRON 】新製品 Digitone Keys 発売!Digitoneとの比較【価格・発売日】
エレクトロン 新製品 Digitone キーボード版 「Digitone Keys」発表 FM音源と減算式の音作りで新しいFM音源シンセサイザーの道を切り開いた「digitone」ですがそのDigitoneにキーボード付きバージョンが...
【KORG 新製品】AcidBassマシーン「Volca Nubass」【新世代真空管「Nutube」】価格・発売日
新製品を出すたびにひとひねり効いたモノを出してくるKorg。今回もひねりが効いています。アシッド・ベース・マシン「volca nubass」。単なるベースシンセサイザーではありません。一目見てわかるのが青白く光を放つ真空管。以前にも...
【moog 2019新型アナログシンセ】 Matriarch 発表! 徹底解明【発売日、価格情報】
moog 2019年 新作 アナログシンセ「Matriarch」読み方は? 突如moogがすんごいシンセを発表しました!その名も「Matriarch」発音は「メイトゥリアーク」意味的には「女族長」でしょうか。強いお母さん?的な。 ...
ベリンガー 「ニュートロン 」セミモジュラーシンセ 徹底レビュー【モジュラー入門にも最適】
ベリンガーからセミモジュラーシンセ Neutron(ニュートロン) 発売 近年イメージも変わり快進撃のべリンガー。そのべリンガから新しいセミモジュラーシンセサイザー「Neutron」が発売されました。同じくして発売されたMini Mo...
【テクニクス 新製品】ターンテーブル SL-1500C 発売 SL-1200 MK7と比較【発売日・価格決定】
2019/5/13 パナソニックがTechnicsの新製品ダイレクトドライブターンテーブルシステム「SL-1500C」のプレスリリースを発表しました。Hi-Fiターンテーブルのエントリーモデルとして位置づけられ、初めての方でも手軽に...
5月24日発売!価格90000円(税抜き) Technics 「SL-1200 MK7」予約開始!
テクニクス新型ターンテーブル 発売日 予約開始! パナソニックからSL-1200 MK7 のプレスリリースが3/14に配信され発売日と価格が発表となりました。発売日は2019年5月24日そして何と  価格は90,000円(税抜き)...
ミュージック
スポンサーリンク
スポンサーリンク
freqをフォローする
スポンサーリンク
俺Magazine

コメント