【moog 2019新型アナログシンセ】 Matriarch 発表! 徹底解明【発売日、価格情報】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

moog 2019年 新作 アナログシンセ「Matriarch」読み方は?

突如moogがすんごいシンセを発表しました!その名も「Matriarch」発音は「メイトゥリアーク」意味的には「女族長」でしょうか。強いお母さん?的な。

とても評判も実際音も良く買う寸前だったモノフォニック セミモジュラーシンセ「grandmother」ですがちょっと待って良かったです。「Matriarch」と存分に悩みたいともいます。

最近はクローンモーグも話題になっていますが本家も黙ってはいません。最近のMoogはどんどん新作を発表してしかも価格も手ごろ!新機種の「Matriarch」も期待大です。

セミモジュラー 49鍵盤

では「Matriarch」の写真からどうぞ。
美しい。ぱっと見はカーラーリングといい「Grandmother」ですね。

「grandmother」は32鍵盤でしたが「Matriarch」は49鍵盤です。それもあり結構大きいですね。

背面には
オーディオ入力
1/4インチTSジャック(リアパネル)
オーディオ出力
ラインレベル出力用2 x 1/4インチTSジャック(リアパネル)、専用レベルノブ付き1/4インチヘッドフォンジャック(リアパネル)、2 x 3.5 mm Eurorackレベル出力、2 x 3.5 mmディレイ出力
MIDI入出力
5ピンDINイン、アウト、スルー。 USB経由のMIDI
電源
付属の電源アダプタ12V DC、2A、AC 100〜240ボルト、ネジ留め式バレルコネクタ付き50 / 60Hz

機能は? 4VCO  パラフォニック、アナログディレイ、シーケンサ

大きな特徴としては4VCOでボイスモードをモノラル・2音・4音に切り替えられるという事です。モノシンセでなくて和音が弾けるという事ですね。そして4VCOを使ったぶっといモノフォニック演奏も可能です。

そして「grandmother」には無かったアナログディレイ、シーケンサーがあります。しかもステレオ。
で、セミモジュラーということで内部で基本的な構成で結線されておりすぐ音は出せますが90個のモジュラーパッチがありかなりの自由度のある音作りができそうです。

オシレータ
選択可能な波形を持つ4xアナログオシレータ(オシレータ2、3、および4はハードシンクをサポート)、ホワイトノイズジェネレータ、外部入力ジャック。
モノ、デュオ、および4音のパラフォニック演奏

LFO
6種類の選択可能な波形を持つフルレンジアナログLFO

ラダーフィルター
レゾナンス付き24dB /オクターブローパスフィルター、レゾナンス付き24dB /オクターブ切替可能ローパス/ハイパスフィルター。パラレル(HP / LP)、ステレオ(LP / LP)、シリーズ(HP / LP)で設定可能

エンベロープジェネレーター
デュアルアナログADSRエンベロープ

アナログディレイ
最大700msのMIDI/CV クロック同期可能ステレオまたはピン/ピンスタイル反復のステレオアナログディレイ

シーケンサー
256ステップシーケンサー、ステップあたり最大4ノート、12パターンの保存パターン。 Matriarchから切り離して、独立して外部ギアを順序付けることが可能

ARPEGGIATOR
選択可能なモード(順序、順方向/逆方向、ランダム)のアルペジエーター

セミモジュール設計
セミモジュラーアナログシンセサイザー 90個のパッチポイントで自由度の高い音作りが可能

TYPE
セミモジュラーアナログシンセサイザー

SOUND ENGINE
100% アナログ

鍵盤
49 鍵盤
アフタータッチによるベロシティセンシング(ベロシティとアフタータッチはハードワイヤードではありません。MIDI、KBD VEL OUT、KB AT OUTジャック経由で利用可能)

ポリフォニック機能
モノフォニック、2ノートパラフォニック、4ノートパラフォニック 切換可能

その他のコントロール
ピッチベンド、モジュレーションホイール、可変グライド、エクスプレッションペダルでCVアウト、サスティンペダル切換

その音質まぎれもなくmoog

動画がUPされていますのでこちらを見ていただくとその音がまぎれもなくムーグの音だとすぐにわかります。
サイズ感も一目瞭然です。

Grandmotherとの違いは?本体サイズ、重量比較

グランドマザーと比べてみると幅はさすがに49鍵盤なので20数センチ長いですね。
意外にも奥行、高さは同じですね。で、重量はMatriarch が2.7キロほど重いです。こう見てみるとサイズは横幅が長いだけであとはそんなにGrandmotherと変わらない??というかんじでしょうか。動画を見る限りはだいぶ大きいイメージですが。。

MatriarchGrandmother
81.28cm58.5cm
奥行36.2cm36.2cm
高さ14cm14cm
重量10.89kg8.17kg

Matriarchの発売日、価格

これはかなり気になるところですが発売日は2019年7月。
価格については未定という事ですが海外の情報サイトでは1999ドルと報じられています。
ということは日本では20数万??

夏という事はあと数か月。もう少しです。ほんと気になりますよね。早く実物が見てみたいです。
続報があれば絶えず更新していきますのでフォローよろしくお願いいたします!

 

注目のシンセサイザー・機材 記事

【ELEKTRON 】新製品 Digitone Keys 発売!Digitoneとの比較【価格・発売日】
エレクトロン 新製品 Digitone キーボード版 「Digitone Keys」発表 FM音源と減算式の音作りで新しいFM音源シンセサイザーの道を切り開いた「digitone」ですがそのDigitoneにキーボード付きバージョンが...
【KORG 新製品】AcidBassマシーン「Volca Nubass」【新世代真空管「Nutube」】価格・発売日
新製品を出すたびにひとひねり効いたモノを出してくるKorg。今回もひねりが効いています。アシッド・ベース・マシン「volca nubass」。単なるベースシンセサイザーではありません。一目見てわかるのが青白く光を放つ真空管。以前にも...
ベリンガー 「ニュートロン 」セミモジュラーシンセ 徹底レビュー【モジュラー入門にも最適】
ベリンガーからセミモジュラーシンセ Neutron(ニュートロン) 発売 近年イメージも変わり快進撃のべリンガー。そのべリンガから新しいセミモジュラーシンセサイザー「Neutron」が発売されました。同じくして発売されたMini Mo...
【テクニクス 新製品】ターンテーブル SL-1500C 発売 SL-1200 MK7と比較【発売日・価格決定】
2019/5/13 パナソニックがTechnicsの新製品ダイレクトドライブターンテーブルシステム「SL-1500C」のプレスリリースを発表しました。Hi-Fiターンテーブルのエントリーモデルとして位置づけられ、初めての方でも手軽に...
SSL SiX 究極の卓上ミキサー G-SERIES BUS COMP搭載で1402 VLZ4より小さくて軽い!
あのSolid State Logic社より小型ディスクトップミキサーが発売 まさかのSSLから卓上小型ミキサー「SSL SiX」が発売されます。日本では4上旬より販売開始です。 驚きですね。SSLというと、どデカい高価なスタジオ用...
5月24日発売!価格90000円(税抜き) Technics 「SL-1200 MK7」予約開始!
テクニクス新型ターンテーブル 発売日 予約開始! パナソニックからSL-1200 MK7 のプレスリリースが3/14に配信され発売日と価格が発表となりました。発売日は2019年5月24日そして何と  価格は90,000円(税抜き)...

 

 

ミュージック
スポンサーリンク
スポンサーリンク
freqをフォローする
スポンサーリンク
俺Magazine

コメント