「h」マークのdj honda とは ?そしてどれほどスゴイか知っているか?【アルバム情報】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

爆発的人気だった「h」マーク

dj hondaといえば あの「h」マーク。90年代後半にイチロー選手がキャップをかぶっていたことで爆発的な人気となった「h」マーク。

しかし、時が経つとともにイオン、ジャスコ、スポーツ用品店などどこでも売ってる中学生が身に着けてるなんかちょいダサい感が増してしまったのも確かです。

で、皆が知ってる「h」マークですが肝心のdj hondaについてはほぼ知られていないのではないでしょうか。

dj honda とは?

私もdj hondaについて当時はほとんど知りませんでしたし実在しているの?とさえ思っていました。
イメージからなんだかチャラいヒップホップDJかなとさえ思っていたのですがある時、曲を聴く機会があり打ちのめされました。

その音の質感、グルーヴ、間違いなく本物のアンダーグランドHiphop。そして調べれば調べるほどとんでもなくすんごい方だと分かってきたのです。

北海道出身のdj hondaさんは最初はバンド活動をされていたそうですが徐々にディスコなどでDJを開始。そこからDJとして活動して約10年経つも日本のDJシーンに狭さに限界を感じ単身NYに渡り1990年にニューヨークのDJバトル世界大会に日本人として初めて参加。そしてなんと2度目に参加した92年の大会では準優勝

その時の動画がこれ。すんゲ。アメリカのHiphopシーンで初めて日本人DJが実力を認められた歴史的瞬間です。

ちなみにこのときの優勝者はビースティー・ボーイズのミックス・マスター・マイク!

その後、アメリカでdj hondaの知名度は上がっていき1995年に日本でファーストアルバム『dj honda』をリリース。このアルバムには、ファット・ジョー、コモン、DJプレミア、エリック・サーモン、ビートナッツ、レッドマンなどが参加。なんて豪華な。。。

1997年にはセカンドアルバム『h II』をリリース。このアルバムには、モス・デフ、KRS-One、キース・マレイ、デ・ラ・ソウルなどが参加。なんすかこのメンツ。間違いなく世界で認められた大物DJ,プロデューサーですね。

dj honda feat. Cuban Link, Juju, A.L, Missin’ Linx (Al’Tariq, Problemz, Black Attack) the album “hⅡ”
SP-1200の質感とMPC-60のグルーヴ!

そしてdj honda 2019年 最新のトラックがこちら

b.i.g. joeとのトラック。こちらもカッコイイ

「h」マークをdj hondaはどう思っているか

売れに売れ大衆路線の「h」マークでイメージだけが先行し彼の音楽そのものは日本でそれほど注目はされなかったと思うのですがそのことについてdj hondaはどのように思っているのでしょうか。

dj hondaのインタビューなどではやはりこのことについての質問は多く彼はこのように話しています。

「いいじゃん。それがきっかけで、音楽を知ってもらえれば。20年経って今日みたいに取材に来てくれることだってあるんだから」

「器がでかい」もうそれしかないです。

そしてこれほど知名度も上がれば日本のメディアなどに積極的に出たりということがあると思うのですがほとんど露出はありません。それについても

「音楽しかやらない」「すべては音楽のため」

兄貴・・明日から「h」キャップ毎日かぶります。

そしてdj hondaさんは当然現在も精力的に活動されており結構SNSを活用されフォロワー数もかなりの数です。

一度私がtwitterでdj honda関連の記事をリツイートしたところなんと本人からイイねが付きました。すごくうれしかったのですがこのように積極的にリスナーとも交流されているようです。ますますファンになりました。

 

5月24日発売!価格90000円(税抜き) Technics 「SL-1200 MK7」予約開始!
テクニクス新型ターンテーブル 発売日 予約開始! パナソニックからSL-1200 MK7 のプレスリリースが3/14に配信され発売日と価格が発表となりました。発売日は2019年5月24日そして何と  価格は90,000円(税抜き)...
ミュージック
スポンサーリンク
スポンサーリンク
freqをフォローする
スポンサーリンク
俺Magazine

コメント