阪急IC定期券を e定期で予約。並ばずにスマホでicoca pitapa 申込 継続【eていき】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

もう並ばなくても阪急の定期がスマホで予約できる

通勤・通学の定期券、更新のたびに結構な行列に並んで更新も大変ですよね。
特に4月なんかは新規の定期購入も多く駅の窓口には連日かなりの行列ができています。

しかし、もう並ばなくてイイんです。パソコン・スマートフォンなどで新規定期券・更新が予約できます。
その名もインターネット定期券予約サービス「eていき」(阪急電車で使えます)

早速この「eていき」で定期を更新してきました。

並ぶのも嫌なんですがあと、定期購入書を書くのが面倒なんですよね。更新の際も書かないとですし。
「eていき」ならいちいち記入せずに済むので本当に楽です。

5つのポイント

  • 新規通勤・通学定期券がいつでも(営業時間中)各駅に設置の赤色券売機(天神橋筋六丁目・神戸高速線花隈を除く)でスピーディーに購入可能です。
  • ご利用区間や経由等、お客さまご自身でシミュレーションすることにより、購入可能です。
  • 定期券購入申込書への記入が不要です。
  • 運賃のお支払いは、現金のほか、キャッシュカード・クレジットカードご利用になれます。
  • 定期券受取時までに万一不要となったり内容に変更が生じた場合でも、手数料等は一切発生しません。

1.「eていき」の予約サイトから情報入力

まずは、「eていき」のHPから予約に必要な情報を入力します。

パソコンhttp://www.hankyu.co.jp/ticket/teiki/e-teiki/

スマートフォンhttp://www.hankyu.co.jp/ticket/teiki/e-teiki/s/

上記HPから定期購入に関する情報を入力して【予約番号】と【予約確認番号】を取得します。

2.阪急の赤色の券売機で購入・更新・発券

赤色の券売機で発行

阪急の駅に設置してある赤色の券売機で【予約番号】と【予約確認番号】を入力して定期代を払えば定期券が発行されます。

※通学定期券をお求めの際は、予約後に以下の「予約確認承り駅」へ通学証明書をお持ちいただくことが必要です。

予約確認承り駅

各ごあんないカウンター(梅田・十三・塚口・西宮北口・夙川・神戸三宮・豊中・石橋・川西能勢口・宝塚・淡路・北千里・茨木市・高槻市・桂・河原町)ならびに園田・今津・岡本・六甲・伊丹・三国・庄内・服部天神・曽根・蛍池・池田・中山観音・箕面・上新庄・正雀・富田・長岡天神・東向日・洛西口・大宮・烏丸・吹田・南千里・山田の各駅

この赤い?(阪急カラー?)の券売機ですね。

購入・更新手順

1.タッチパネルから定期券を買う(新規/継続)
2.発行替えをする(磁気⇒IC)
3.ボタンをタッチして案内に従い取得した【予約番号】と【予約確認番号】を入力して発行処理をします。
4.定期代の支払いを現金またはクレジットカードでおこないます。

使用できるカード類

キャッシュカード(デビッドカードサービス対応)、クレジット(JCB,VISA,MasterCard,AMERICAN EXPRESS,Diners Club)がご利用になれます。
PiTaPa定期券はPiTaPa決済が可能です。

私は期限が切れたICOCAに新規上書きする形で購入し、支払いはクレジットカード(Visa)で購入しました。10万を越える定期代でしたが問題なく支払えました。

大阪モノレール経由でもOK

ちなみにモノレール経由なのですが問題なく発券できております。

領収書

券売機で発行・更新した場合も領収書は発行できます。

券売機でお買い求めの場合は、最寄りの改札口もしくはごあんないカウンターの係員に、また、定期券発売所で定期券をお買い求めの場合は、当該の定期券発売所係員にお申しつけください。

まとめ

その間3分もかからない感じで本当にスピーディー。
この日も定期券発行窓口は朝から行列でしたが券売機は特に混雑しておらずスムーズに定期券を発行できました。

もう朝早く行って窓口に並んだりせずに済むので本当にこれは助かります。

勿論次の更新も「eていき」でやりますよ!

osaka京都
スポンサーリンク
スポンサーリンク
freqをフォローする
スポンサーリンク
俺Magazine

コメント