ガジェット

【2019 Apple Watch】 最新情報まとめ 発売日はいつ?リーク情報【新型アップルウォッチ Series 5】

更新日:

8/27更新 2019 新機種 Apple Watchは「チタン」と「セラミック」がモデルが加わる?

もうあと2週間で9月ですよ。で、ほんとに出るの?新しいApple Watch?

大丈夫です。出るハズです。ここ最近これまでほとんど情報がなかったApple Watch series 5の情報がちらほら出てき始めています。やはり9月に次期iPhoneと共に発表される事や画面に使われるの有機ELをジャパンディスプレイが供給す事など様々な噂が飛び交っています。

その中でも興味を引くのはwatchOS 6から見つかった以下の画像。44MM TITANIUM CASE・・と44MM CERAMIC CASE・・と堂々と表示されています。引き続き44ミリのケースが存在する事と「チタン」素材と「セラミック」素材のケースが存在すると読み取れます。現行の「アルミ」と「ステンレス」に「チタン」と「セラミック」が追加されるのかもしれません。

もしそうであれば個人時には非常にうれしいですね。今持っているApple Watchは「アルミ」なのですが1年の使用で所々傷がついてしまいました。なのでApple Watch series 5ではより頑丈な素材にしたいなと思っていました。いずれにせよ選択肢が広がるのは嬉しいです。

Image: 9to5Mac

そろそろ発表? 2019 新機種 Apple Watch series 5

今までのApple発表、発売のパターンで言うともうそろそろじゃないですかね?例年9月に新型が発表されてきたわけですから今回のApple watch series 5も2019年9月発売ですよね?待ちに待っていたMacbook12インチがあんな感じで幕を下ろしてしまった分もうApple Watchには期待大なのです。

Apple Watch series 4がもう手放せない

というのも私は昨年「Apple Watch series 4」を購入しました。初めてのアップルウォッチだった訳ですがもうそろそろ1年経ちます。もう毎日腕の一部と化してしまうかの如く肌身離さず愛用しています。もはや時計というよりライフデバイスですね。何だかよく分かりませんが。。

とにかく使いやすいんです。ちょっとしたメールや情報ならiPhoneを取り出さずして済みますしもちろんiPhoneとの連携もバッチリ過ぎるぐらいしっくりきます。

睡眠トラッカー 「AutoSleep Watch」

睡眠トラッカー 「AutoSleep Watch」を毎日使って睡眠の管理をしています。これがものすごく良くできたアプリで毎日自分がそのくらい眠れたか睡眠の様々な分析をしてくれます。この為だけにApple Watchを買っても損はしないと言えます。

【睡眠トラッカー 決定版アプリ】AutoSleep Watch 使い方 / 見方 / 設定 【睡眠改善・体調維持】

皆さん毎日ぐっすり眠れてますでしょうか。日々の疲れなんかでなかなか毎日熟睡というのも難しいと思います。 自分が毎日どのくらい眠れているか自分で理解することにより睡眠の質を上げることが可能です。その為の ...

続きを見る

そんな2019 新型 アップルウォッチが待ち遠しい

それほどまで生活に浸透してしまったApple Watchですからその新作となれば毎年買いかえても全然OK。今年も買いかえる気満々です。では、近々発売されるであろう「2019 新型アップルウォッチ」の最新情報を発信していきたいと思います。

Apple Watch series 5 発売日

一番気になるのが発売日ですね。

Apple恒例の9月のイベントは9月19日?

そうです。毎年やってる9月のイベント、去年は2018年9月13日(日本時間)ですから今年もそのくらいの時期に開催されるはずですね。そして発表後およそ1週間後の9月21日(金)に発売されました。

金融情報会社IHS Markitによると

「予期せぬ開発上の問題がなければ、9月19日(木)のイベントで(MacBook Proに関連する)新製品を発表するでしょう」

恐らくこの日に新型iPhoneなどが発表されるはずです。Apple Watchは今までもiPhoneと同時に発表されてきましたから今回も同時に発表される確率が高いです。そして発売はおよそ1週間後の金曜日9月27日になるのではないかと予想します。

Apple Watch シリーズ 5 は何が変わるか

初代Apple WatchからApple Watch Series 3まで基本的には外観が変わらずバッテリーやCPUがVerUpされてきましたがApple Watch Series 4で本体サイズが38mm→40mm、42mm→44mmに変化、そしてベゼル幅が狭くなり液晶画面が大きくなるなど大きな変化がありました。Apple Watch Series 5はどのような新機能が搭載されるのか、デザインはどう変わるのか?現在公開されているリーク情報や噂をまとめてみました。

睡眠トラッカー機能

Apple Watchは心拍数モニターと転倒検出などいくつかのセンサーで身体をセンシングしていますが、シリーズ5にはスリープモニターセンサーが組み込まれると予想されています。Apple Watchのセンサーを使用することでいつ眠っているか、どのくらい深く眠っているかを知ることができます。これを内蔵のモーションセンサーと組み合わせることで、Watchは夜の睡眠の質を適切に推定できると考えられています。

私の愛用している睡眠トラッカー 「AutoSleep Watch」もとても素晴らしいアプリですがApple Watchに組み込まれる事でより精度が高く使いやすい睡眠トラッカーになることが期待されます。

Apple Watch Series 4と同じデザイン

昨年、Apple Watchはシリーズ4の登場で初めて新しいデザインを採用しました。画面が大きくなり、ベゼルギリギリまで液晶が伸びました。シリーズ5の外観はほぼシリーズ4と同じになると予想されています。

series 3からseries 4では厚さが0.7mm薄くなったように本体の厚さをもう少し薄くする可能性はありますが、シリーズ5とシリーズ4は一見ほとんど区別がつかないデザインと思われます。

新しいプロセッサでシリーズ5をさらに高速化

iPhoneと同様に、Apple Watchも毎年新しいプロセッサを搭載しています。Apple Watch Series 4には、Appleが設計した新しいチップであるS5が搭載され処理速度が向上すると考えられます。そしてS5では消費電力効率が向上し、シリーズ5がより大きなバッテリーをデバイスに挿入しなくてもバッテリー寿命が長くなること予想されます。

Apple Watch Series 4は基本的には毎日充電、うまく使えば2日持ちますがバッテリー持ちが少しでも良くなり2日、3日に1回の充電で済むようになれば本当にうれしいのですが。。

watchOS 6による機能Up

すでにWWDCでwatchOS 6が発表されましたがApple Watch Series 5にはこの新しいOS6が標準で搭載され様々な新機能が追加されます。新しいコンプリケーション、騒音を測定するデシベルメーター、およびApple Watch独自のApp Storeなどが導入されます。この中でも注目の機能がApple Watch独自のApp Storeです。いままでアプリはiphone経由でしか入手できませんでしたがApple Watch独自のApp Storeなどが導入されることでApple Watch単体でアプリを入手することができるようになります。それに伴いApple Watch Series 5には単体でのWi-Fi通信機能が搭載されると噂されています。

まとめ

この記事を書いている時点で予想される発表日まで1カ月ほどです。もし、予想通りの発売日であればもうApple Watch Series 5のスペックは決定されていて量産していることだと思います。しかしiPhoneの新型はいくらかリーク情報が出ているのですがApple Watch Series 5のリーク情報は海外サイトを探してもほとんど出てこないです。ホントに9月に発売されるの??という感じですが期待して待ちましょう!

-ガジェット

Copyright© 俺Magazine , 2019 All Rights Reserved.